前へ
次へ

医療保険に加入しておいて正解でした

夜中に急なお腹の痛みが起きて、これはまずいと感じ緊急で病院に行くことにしました。
病院に着く頃

more

確定申告で医療費を申告するメリット

医療費は頻繁に病気をしやすいと病院で診察を受けるため必然的に増えるため、家計を圧迫するため何とかして

more

健康と美容のためにできる予防医療

健康も美容も正常な心身の状態が保たれてこそ実現します。
最近は予防医療に関しても注目が集まって

more

医療機関に導入されている医薬分業制度のメリット

以前はほとんどの医療機関において、診察後に薬剤を窓口でもらって会計を済ませるという院内処方と呼ばれる方法がとられていました。
しかし近年になって、医療機関で渡された処方箋を持って院外の調剤薬局に行き、そこで薬をもらい代金を払う院外処方という方法が広く普及してきています。
このように、薬剤に関する部分を医療機関から分離させた制度である医薬分業により、患者にも多くのメリットがもたらされてきました。
医療機関で医薬分業制度が導入されたことによって患者が得られる一番大きなメリットと言えば、何と言っても薬剤の重複投与を防ぐことができるため、有効性や安全性がより一層高まるということです。
こうしたことが可能になるのは、院外薬局で各患者の薬歴がきちんと管理されることにあると言えるでしょう。
加えて、院外の調剤薬局で薬をもらう際、薬の正しい使用方法や保管方法について、薬剤師からしっかりとした指導を受けることができるというメリットもあります。

none

Page Top