前へ
次へ

産休中に医療事務の資格を取ってくれました

私と妻は結婚してからすぐに子供ができたこともあり、貯金を十分にためることができませんでした。
私の給料も決して多いとは言えず、むしろ少ないといってもよい状態であったことに加え、大企業ではないこともあり、今後の大幅な伸びもあまり期待できない状態でした。
そういったこともあり、妻は子育てにめどがついた時点で、働きに出ることを検討していました。
子どもが生まれてしばらくは、夜泣きはあるは、体調を崩すことも多く、妻が仕事に出ることなど考えることもできませんでしたが、1歳半ほどになると、ようやく少し気持ちの余裕も出てくるようになりました。
そんな中、妻は時間を見つけては医療事務の資格を取る勉強を始めていました。
通信講座を申し込み、子どもが寝ている間を利用して勉強していました。
私はこのころ残業続きで、いつも眠い状態であったこともあり、妻が医療事務の資格を勉強していることさえ、知らない状況でした。
家事の協力もできていない中で、一発合格を手に入れた妻は大したものだ、と感心させられました。

Page Top